Extra Packages for Enterprise Linux(EPEL)

EPELセットアップ

リポジトリ名

デフォルト

GPGパス

所属パッケージ

epel

有効

/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL

epel-release

epel-debuginfo

無効

/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL

epel-release

epel-source

無効

/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL

epel-release

epel-testing

無効

/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL

epel-release

epel-testing-debuginfo

無効

/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL

epel-release

epel-testing-source

無効

/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL

epel-release

全CentOS共通(CentOS5以降)

yum -y install epel-release

なお古いCentOS5ではRPMでインストールする手段について解説されていることもありますが、その場合下記の通り指定します。

rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-5.noarch.rpm

dl.fedoraproject.orgではなく、EPELのFAQにあるようなdownload.fedoraproject.orgを指定した場合、下記のようなエラーメッセージとともに停止します。

# rpm -Uvh http://download.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-5.noarch.rpm
Retrieving http://download.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-5.noarch.rpm
error: skipping http://download.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-5.noarch.rpm - transfer failed - Unknown or unexpected error
warning: u 0x6930b90 ctrl 0x6931f20 nrefs != 0 (download.fedoraproject.org http)

これは、download.fedoraproject.orgからの応答が、RPM自体を返すのではなく、ミラーサイトにリダイレクトしていることが原因となります。 CentOS5までのRPMコマンドは、リダイレクトを処理できなかったため、事前にダウンロードしておくなど、なんらかの手段で回避する必要がありました。 今時はyum installで入るので気にする必要はありません。

更にCentOS5のRPMコマンドには https:// でアクセスに対応していないため、http:// に置き換えて実行する必要があります。 この制限はYUMコマンドには無いため、.repo ファイルに https:// が書いてあっても問題ありません。

CentOS4環境

rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/4/i386/epel-release-4-10.noarch.rpm
  ないしは
rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/4/x86_64/epel-release-4-10.noarch.rpm

EPELインストール例

通常のCentOS標準パッケージと同じ扱いとなりますので、明示的にこれを入れるというパターンはありません。

EPEL参考文献

CentOS/YUM Repository/Extra Packages for Enterprise Linux (last edited 2019-05-22 23:41:57 by NorikatsuShigemura)