メールサーバーのSTARTTLS設定ベストプラクティクス

検証環境

目的

昨今メールのSMTP(プロトコル)における暗号通信(SSL/TLS)のry。

+--------+ SMTP +------+ SMTP +------+ SMTP +------+ SMTP等 +------+ IMAP/POP3等 +--------+
|メーラー| →→ |MSA| →→ |MTA| →→ |MTA| →→→ |MDA| →→→→→  |メーラー|
+--------+      +------+      +------+      +------+        +------+             +--------+

目標

事前インストール

再コンパイル

現時点(2017/10/24)で、OS標準(以後stock sendmailと呼称)およびports/mail/sendmail(以後ports sendmailと呼称) ともに8.15.1で導入された _FFR_TLS_USE_CERTIFICATE_CHAIN_FILE コンパイルオプションが有効になっていない。 そのため、別途再コンパイルが必要である。 またstock sendmailの場合、標準でECDHEサポートが無効になっていることもあり(_FFR_TLS_EC コンパイルオプション、8.14.8で導入)、 合わせて対応する。 こちらはports sendmailでは対応済みである。

stock sendmail の場合

.if ${.CURDIR} == "/usr/src/usr.sbin/sendmail"
CFLAGS+= -D_FFR_TLS_EC -D_FFR_TLS_USE_CERTIFICATE_CHAIN_FILE
.endif

.if ${MK_OPENSSL} != "no"
# STARTTLS support
CFLAGS+=        -DSTARTTLS -D_FFR_TLS_EC -D_FFR_TLS_USE_CERTIFICATE_CHAIN_FILE
LIBADD+=        ssl crypto
.endif

ports sendmail の場合

ports sendmailでは/usr/ports/mail/sendmail/files/site.config.m4.tlsファイルを編集して -D_FFR_TLS_EC の後ろに -D_FFR_TLS_USE_CERTIFICATE_CHAIN_FILE を加えた後、make installを実施する。

APPENDDEF(`conf_sendmail_ENVDEF', `-DSTARTTLS -D_FFR_TLS_EC -D_FFR_TLS_USE_CERTIFICATE_CHAIN_FILE')
APPENDDEF(`conf_sendmail_LIBS', `-lssl -lcrypto')

設定ファイルの変更

sendmail.mc

define(`confSERVER_CERT', `/usr/local/etc/dehydrated/certs/mail.example.jp/fullchain.pem')dnl
define(`confSERVER_KEY', `/usr/local/etc/dehydrated/certs/mail.example.jp/privkey.pem')dnl
define(`confSERVER_SSL_OPTIONS', `SSL_OP_NO_SSLv3,SSL_OP_NO_TLSv1,SSL_OP_CIPHER_SERVER_PREFERENCE')dnl
define(`confCACERT', `/usr/local/etc/dehydrated/certs/mail.example.jp/chain.pem')dnl
define(`confCACERT_PATH', `CERT_DIR')dnl
define(`confCIPHER_LIST', `ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-SHA256:DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:DHE-RSA-AES128-SHA256:DHE-RSA-AES128-SHA:AES128-GCM-SHA256:AES128-SHA256:AES128-SHA')dnl
define(`confDH_PARAMETERS', `CERT_DIR/dh.param')dnl

/etc/rc.conf

以下の設定を追加する。

sendmail_cert_create="NO"

作成済みファイルの削除

sendmail_cert_create="YES" (デフォルト)によって既に作成済みのSSLサーバー証明書関連のファイルを削除する。

# rm -f /etc/mail/certs/host.cert /etc/mail/certs/host.key
# rm -f /etc/mail/certs/cacert.pem /etc/mail/certs/*.0

DHパラメータの生成

# openssl dhparam -out /etc/mail/certs/dh.param 2048
Generating DH parameters, 2048 bit long safe prime, generator 2
This is going to take a long time
...................................................(略)............................................++*++*++*++*

ルートCA証明書の展開

/etc/mail/certsディレクトリ以下にports/security/ca_root_nssでインストールされた/usr/local/share/certs/ca-root-nss.crtより1証明書毎にファイルを作成(分解)して、openssl x509 -noout -hash -fingerprint を通した結果をファイル名(拡張子は.0)を作成する。

sendmail/STARTTLS設定ベストプラクティス (last edited 2019-06-04 23:09:10 by NorikatsuShigemura)